Web3.0とは?仕組みと期待できる銘柄を安く仕込むコツを教えます

Web3.0とは?仕組みと期待できる銘柄を安く仕込むコツを教えます web3.0

仮想通貨でメタバース銘柄のトレンドも落ち着いたように感じますが、ここで気になるのは、次にトレンドが来る銘柄ですよね。

次はWeb3.0銘柄に資金が集まると言われていますが、ところで一体Web3.0とは何なのか?

個人的にWeb3.0について色々と調べてみましたが、とにかく頭が痛くなるようなサイトしかなかったので…笑
当記事で、誰でも分かるようにWeb3.0についてゆるりと解説をしていきます。

Web3.0に関するおすすめ銘柄も紹介していくので、ぜひ仮想通貨投資の参考にしてみてくださいね。

Web3.0銘柄が豊富に揃う!
当サイト経由の登録で手数料20%OFF

BYBIThttps://www.gate.io/

Web3.0とは新しい時代のインターネットの構造

Web3.0とは新しい時代のインターネットの構造

Web3.0という概念を簡単に言えば、ブロックチェーンを使った分散管理を主とするインターネットの形なんだそう。

ちなみに現在はWeb2.0時代と言われているんですけど、Web2.0とWeb3.0で何が違うのか?

この違いを理解するためにも、まずはインターネットの構造の歴史について勉強してみてくださいね。

注意事項
Web1.0やWeb2.0に明確な定義がないため、他のサイトとは捉え方の違いがあるかもしれません。
上記をご了承の上、読み進めていただければと思います。

Web1.0は図書館みたいな一方的な情報発信の構造だった

Web1.0は図書館みたいな一方的な情報発信の構造だった

インターネット黎明期、つまりインターネットの最初はWeb1.0という概念でした。

Web1.0は、僕たち一般ユーザーはWebサイトを閲覧するだけで、一方的なコミュニケーションであったことが特徴。

イメージがイマイチ沸かない人は、図書館で自分で読みたい本を探して読むという感じを想像してもらうと分かりやすいかもしれませんね。

ちなみにWeb1.0の頃は、インターネット接続も電話回線が当たり前。
30代の方なら、「画像1枚読み込むのに何でこんなに時間かかるの!?」といった経験をした方も多いのではないでしょうかw

Web2.0になるとインターネットが生活の一部となった

Web2.0になるとインターネットが生活の一部となった

Web2.0は、GAFAをはじめとする超大手IT企業が大きな影響力を持つ、インターネットのあり方です。

  • インターネットへの接続がADSLや光へと変わり定額&高速化
  • スマートフォンの大幅な普及
  • ブログやSNSなどでの発信が当たり前の時代

上記のようにインターネットを取り巻く環境が大幅に変化したことで、常にインターネットに接続できる時代へと変わってきました。

Web1.0の「情報を受け取るだけ」だった時代は終わり、Web2.0になることで双方向の情報交換ができることに。

身近なもので例を挙げれば、TwitterのリプやInstagramのコメントなどがWeb2.0を象徴するものですかね。

ただしWeb2.0には大きな欠点がある

ただしWeb2.0には大きな欠点がある

Web2.0となり利便性が圧倒的に増しましたが、その反面、Web1.0の頃にはなかった問題が挙げられるように。

いずれもWeb2.0の特徴である「GAFAなどの大企業が管理していること(中央集権)」がひとつの問題になっているんです。

  • 個人情報漏洩やプライバシー侵害の問題
  • ハッキングや単一障害の恐れ
  • 管理者のポリシーに違反するものは制限される

ユーザー間の交流や情報に価値を持たせたのがWeb2.0の特徴ですが、中央集権であるが故のデメリットでもあるんですよね。

難しい話をしてしまいましたが、簡単に言えば、中央集権の管理者にはすべて見透かされているし、セキュリティ的にヤバいところもある状態。

そして、こういった中央集権の問題を解決するための新しい概念が、Web3.0となります。

Web3.0は各々が自分の情報を管理できる自由な時代

Web3.0は各々が自分の情報を管理できる自由な時代

Web3.0はブロックチェーン技術を使い、大企業の中央集権的な管理体制を取っ払ったインターネットの概念。

…と言っても難しいので、イメージとしては、自分たちがそれぞれ自叙伝を販売しているような感じですかね。

  • 非中央集権なので個人情報やプライバシーが守られやすい
  • 分散管理のためハッキング被害やサーバー障害の被害が軽くなる
  • 思想や表現の自由が抑圧されない

こんな感じでWeb2.0の欠点をブロックチェーンで解決できるようになる日はそう遠くないのではないでしょうか。

すべての物事はWeb3.0のもとで構築されていく

すべての物事はWeb3.0のもとで構築されていく

DeFiとかNFTとかメタバースとか言われていますが、すべて、インターネット環境あってこそなんですよね。

だから長い目で見れば、トレンドに左右されずに伸びていく可能性が高いのがWeb3.0銘柄であって、今後の発展が約束されているようなものなんです。

仮想通貨で長期投資を考えている方は、ポートフォリオにWeb3.0銘柄を組み込んでみると面白いかもしれませんね。

おすすめのWeb3.0銘柄を紹介

おすすめのWeb3.0銘柄を紹介

Web3.0銘柄は色々ありますが、ここでは、個人的に狙い目だと思うWeb3.0銘柄を紹介しておきますね。

  • KIN
  • STORJ
  • EFI
  • FIL
  • BIT
  • ICP
  • DOT

いずれもすぐに芽が出る銘柄ではないかもしれませんが、長期投資目的でWeb3.0銘柄を保有しておくのは、大いにアリ。

各コインの特徴に関しては、ぜひとも自分で調べて、納得いくようならば投資してみてください。
(他人が紹介して変なバイアスがかかると、判断が鈍ってしまいますので…。)

値上がりする前のWeb3.0銘柄をゲットする方法

Web3.0銘柄を安く仕込むコツ

安く売って高く売るが投資の基本ですが、その基本に準じるのであれば、大手の取引所に上場していない仮想通貨への投資がオススメ。

もちろんバイナンスなどでWeb3.0銘柄を購入するのも安定しますが…既に値上がりして旨味が抜けていることもあります。

今後、大手の取引時に上場しそうな仮想通貨を探してガチホしてみると、将来的に大きな資産となってくれるはず。

ちなみに僕はgate.ioという取引所で、Web3.0に限らず様々な草コインを漁っています。
当サイト経由の登録で手数料20%オフになるリンクを置いておきますので、よろしければご利用ください。

BYBIThttps://www.gate.io/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。