仮想通貨ENSを徹底解説!近いうちに大きく値上がりするか?

ENS

ENSというコインが、今後値上がりする可能性が高いです。ENSがどんなコインかを知り、気になるようであれば、長い目で投資対象としてみてください。

仮想通貨ENSの将来性について

ENSの将来性としては、かなり期待できる部類になりそうだなぁと思っています。
なぜ将来有望であるか?は、この次の項目で解説しますが、近いうちに、現在の価格から5倍以上は問題なく達成するはず。

世間がENSの価値を十分に認識していない今が大チャンスなのですが、ENSは、残念ながら国内の取引所では取り扱いをしていません。
そして、今後も国内に上場する予定があるかは不透明。

十分に値上がりした後に上場して、旨味がなくなった状態での購入は損する可能性が高いので、現在取り扱いがある取引所で購入することをオススメしておきます。

国内人気No1!仮想通貨!取扱量60種類以上
BYBIThttps://www.bybit.com/ja-JP/

仮想通貨ENSとは?

仮想通貨ENSは、Ethereum Name Serviceの頭文字を取って、ENS。
そしてENSが何の役に立つのか?仮想通貨の送金に必要なアドレスを、分かりやすいように変更できるサービスなんですよね。

r4b8Tf6gJgxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxuaYd

上記のように、文字や記号を羅列している、ザ・暗号みたいなアドレスが現在の主流ですよね。
しかしENSを利用することで、送金先アドレスを、たとえば以下のように自分の好きなように変更することができます。

myAddress.eth

これ、キャリアメールの初期設定のアドレスから、自分の好きなアドレスに変えるあの感じと一緒ですよね。

30代の方なら分かると思いますが…学生の頃、メールアドレスって、色々こだわって決めてませんでした?w

仮想通貨ENSの価格はまだ定まっていない

ENSは各取引所に上場したばかりなので、まだまだ成長の余地は十分にあるコインだと考えられます。
ニッチでありつつも、競合のいない独占的なサービスであるため、どう考えても狙い目でしかない。

近い将来、350ドルは最低ラインとして、500ドルまでは上がってもおかしくない仮想通貨だと思っています。

仮想通貨ENSはNFTとしての価値もある

さらにさらに。
ENSの非常に面白いところなんですが、人気が出そうなアドレスを取得して、それをNFTとしてopenseaにて売ることも可能なんだそう。

実際、25,000ETHを超える価格でアドレスが売却された記録もあるので、なんだか夢がありませんか?w
今後はNFT市場も盛んになっていくことは間違いないので、必然的に、ENSもその恩恵を受けるはず。

簡単な話、時代の流れと共に、ジワジワ上げが期待できるコインなんです。

ENSの購入ならバイビットがおすすめです
BYBIThttps://www.bybit.com/ja-JP/

仮想通貨ENSで仮想通貨取引はもっと便利になる

ENSが活用されることで何が起こるのか?ということを簡単にまとめました。

  • 毎日のようにどこかで起きている送金ミスを防ぐ
  • 銘柄に関わらず送金アドレスを一括管理できる
  • 自分の送金アドレスであるという証明やブランディングができる

いかがでしょうか?
仮想通貨は今後さらに私たちの生活に馴染むことは間違いなく、必然的に、送金も活発になってくるはず。

そうなると、このENSという仮想通貨、多くの人の役に立つ可能性を感じますよね。
つまり、値上がりしそうですよねってことですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。